妊娠中に葉酸を飲まないと胎児が奇形になるという話は本当なの?

妊娠中に葉酸を飲まないと胎児が奇形になるという話は本当なの?

葉酸不足による神経管閉鎖障害は胎児奇形のひとつだと知っていますか?

 

妊活・妊娠中には葉酸が必須アイテムと言われています。ビタミンB群のひとつで、母子手帳でも胎児の健やかな成長に欠かせない栄養であるとして、積極的な摂取を働きかけています。起こりうるリスクとしてよく言われていることは、胎児奇形のひとつである神経管閉鎖障害が起こりやすくなるということです。

 

胎児は細胞分裂によって、生きるために必要な器官を作り出しますが、妊娠初期には神経系統が主に作られます。しかし、この時期に葉酸が不足すると、脳から下半身に正しく命令が送れない障害が発生するリスクが高くなります。

 

胎児に身体的な奇形が発症するのは、染色体異常や母体が服用していた薬などが深く関係していると言われていますが、葉酸欠乏によるケースもあるということです。

 

神経管閉鎖障害とは

葉酸不足で発症する胎児奇形のひとつである神経管閉鎖障害には、主な症状として二分脊椎症や無脳症があります。二分脊椎症を発症すると、奇形ではなく排泄や歩行に障害が残る確率が高くなります。程度には個人差がありますが、完治する可能性は低く、脳神経外科もしくは泌尿器科での加療が生涯にわたって必要となります。

 

神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)が作られる妊娠の4〜5週ごろにおこる先天異常です。
引用元:葉酸情報のページ

 

また、無脳症を発症した場合には、胎児は順調に育つことができなくなり、流産・死産のリスクが高くなります。厚生労働省でも葉酸の摂取量が足りていれば、リスクを大幅に軽減できると発表しています。

 

健やかな胎児の成長のために、葉酸は欠かせない栄養素ですが、母体にとっても非常に大切です。赤血球を増やす働きを持っているので、母体に不足すれば貧血のリスクが高くなります。赤血球が不足すると、酸素や栄養が体内に十分運べなくなります。

 

妊婦は胎児にも栄養を送らなければならないので、つわり期が過ぎたらバランスの良い栄養素を心がけて、母体の健康にも注意することが大切です。この他にも、精神を安定させる働きも持っています。ビタミンB9という別称の他にビタミンMという別称もあります。MはメンタルのMで、マタニティーブルーのリスクを軽減する働きを持っています。

 

妊娠中は栄養のバランスに注意する

妊婦の願いは、五体満足で元気な子どもが生まれることです。奇形や障害が発症するか否かが妊娠前にわかっていることはほとんどありません。葉酸不足によって発症リスクが高くなる神経管閉鎖障害は、回避できる方法があるので、サプリメントを利用して、確実に補給すれば安心できます。(※当サイトおすすめの葉酸サプリはこちら

 

また、妊娠中は平常時に比べてホルモンのバランスが変化しているので、少しでも体調に変化があった時には、我慢をしないことが大切です。妊娠中はどのような些細なことでも、主治医に相談をすると安心できます。

ベルタ葉酸サプリを一番おトクに購入する方法!

ベルタプエラリアの商品画像

ベルタ葉酸サプリは一般のスーパーやドラッグストア等では販売していません。インターネット通販限定の商品になります。通常の単品購入だと5,980円ですが、定期購入だと33%割引の「3,980円」で始めることができます。もちろん送料無料です。このお得な定期購入を選択できるのは「公式サイト限定」です。ちなみに私も定期購入で購入しました♪
単品購入の場合:5,980円
定期購入の場合:3,980円
【最安値】公式サイトはこちら